酒豪ヘミングウェイが好きなカクテル

「モヒート」からかなり話がぶっとんでしましたが、「フローズンダイキリ」もキューバを代表するカクテルです。「ダイキリ」はキューバの鉱山「ダイキリ」で働いていたアメリカ人技師が、灼熱の土地という土地柄から清涼感を求めてキューバ特産品のラムに、ライム・砂糖・氷を入れて作って飲んだのが始まりだとされています。こちらもキューバ発祥のカクテルらしく、ラムベースですが酒豪ヘミングウェイが大好きだった「フローズンダイキリ」はクラッシュアイスにラム酒はダブル!そして糖尿病を気にしていたのか砂糖は抜き、そしてグレープフルーツジュースが加わります。「フローズンダイキリ」飲んでいたのは晩年のこと。さてどんなお味でしょう~!

酒好きヘミングウェイ

「モヒート」ではミントを使いますがもちろんミントも大量に入れます。ミントも葉っぱだけとは言わずに、茎までも投入するのがヘミング流。そしてカクテルの王様ともいわれる「マティーニ」も大好きだったことも有名ですが、ヘミングウェイが好きだったのは超辛口。従軍したときに常備していたのは、ドライ・ベルモットとジン。そして大胆にも口に含んでシェイクして口の中で「マティーニ」を再現して飲んでいたそうな。

どんだけ酒好きなんだ?ヘミングウェイ??!おまけにどれもこれも、強いのばっかりじゃないか!!と思いますが、意外にも女子が大好きなカクテルもヘミングウェイのお気に入りカクテルだったんですね~

カクテル大好きなヘミングウェイは辛口ばかりのお酒をがぶ飲みしていたのか?!と思えば、めちゃめちゃお酒好きだったんですね~こよなく酒を愛して入ればこそ、バーテンダーとあれやこれやと飲みながらカクテルをそうさくしていったのでしょうね!

ヘミングウェイの好きなカクテル

ヘミングウェイにまつわる酒話はあちらこちらへあります。作家渡辺淳一の「失楽園」に登場する有名なワインのシャトー・マルゴーが、ワインの中でヘミングウェイのお気に入り。きっと軽くボトル3本は最低飲むんだろうな。それとももっと飲むのかなぁ~と、どんだけ飲むのか想像するだけでも楽しくなりますが、マティーニも大好きヘミングウェイはラッフルズホテルのバーで50杯!!飲んだとか。おっそろしーー。オリジナルフローズン・ダイキリなる通称パパダブルは1杯あたりのラム酒の量が60mlそれを12杯飲むと、ラム酒ボトル1本に相当する量です。毎晩毎晩じゃなかった、執筆活動をした昼過ぎからよく飲むなぁ~

シャトー・マルゴー大好きで、マルゴーが大好きだから孫娘の名前は「マーゴ」と付けてしまうほどのネーミングセンス。ジョン・トラボルタが息子の名前を、自分の好物ハムの「SPAM」とネーミングしちゃうのと同じ匂いがプンプンしますが、幅広くお酒すきなんだなぁ~と感じますね。シャトー・マルゴーは「ワインの女王」とも言われるほどですが、「カクテルの王様」マティーニといい、そしてダイキリといい、ラムベースもあれば、ジンもあり、そしてワインも好き、いろんなお酒をたのしんでいることが伺えます。

Death in the Gulf Stream

デス・イン・ザ・ガルフストリームは1937年にヘミングウェイがキーウエストで創作したカクテルです。ヘミングウェイいわく「元気づけの1杯」と呼んだカクテルには、グリーンライムの絞り汁と、つぶしたライムの皮が入ります。そしてクラッシュした氷がたっぷり入り、ジンベースになっています。こちらのカクテルに使うジンは、オランダのボルス社という現存している最古のジン・メーカーのジンです。オードジュネヴァをたっぷりいれて、アンゴラチェスなる苦味となるものを4滴ほどたらして、グリーンライムの絞り汁とライムのつぶした皮。

こんな強いのを飲んで「元気づけの1杯」と言ってしまう酒豪のヘミングウェイは、かなりのハードリカー好きだと思います。

Bellini

ベリーニはイタリアンスパークリングワインと白桃のピューレを使った桃の甘みが絶妙な味わいです。ベリーニはハリーズ・バーなるヴェネツィアで有名なレストランで出されるカクテルです。1948年に当時のオーナーのジュゼッペ・チプリアーニが、ルネッサンス期の画家ジョヴァンニ・ベリーニの展覧会を記念して作ったのがベリーニの始まりだといわれいますが、ベリーニを有名にしてのは酒豪ヘミングウェイの存在で有名になりました。

ヘミングウェイは大の酒好きなので、世界中に行きつけのバーがあったことでも有名です。そしてヘミングウェイもヴェネツィアで伝説的な存在のバー、ハリーズ・バーを訪れてそこで出された「ベリーニ」に感動したのでしょう。すっかりベリーニの美味しさに魅了されたヘミングウェイは、ハリーズ・バーを毎夜毎夜訪れてフレッシュな味わいの桃の香りと甘さ、そしてイタリアンスパークリングワイン(スプマンテ)の辛口の風味との絶妙な風味にすっかり魅力を感じたのでしょう。ベリーニは女性も大好きなスパークリングワイン×桃という組み合わせですが、ハードリカーばかりを飲んでいたわけではないヘミングウェイの一面を感じるカクテルです。

Death in the Afternoon

ヘミングウェイが考案したベリーベリーストロングカクテルです。ヘミングウェイの短編小説「午後の死」にちなんで、そのまま名付けられたカクテルです。ヘミングウェイがこのカクテルを作るときに指定しているシャンパンはマムズです。ヘミングウェイお気に入りのシャンパンだったようで、「日はまた昇る」でもマムズのシャンパンがでてきますが、元々のレシピは黒色火薬をシャンパンで割ったものです!ひぇーなんて飲み物なんだ。と思いますが、黒色火薬を手に入れるのは一般的ではないじゃないかっ!ということで、マムズとアブサンになりました。

アブサンまたはペルノーはハーブ系のスパイスが特徴的ですが、ペルノーはアルコール度数がめちゃくちゃ高いです。高いものだとアルコール度数は89パーセントを越えるほど。だいたいが70パーセント前後なので、高いことにはまちがいありません。飲んだら口から火を吹きそうな気がしてきますが、酒豪ヘミグウェイのレシピではペルノーを45MLグラスに入れて、残りをマムズで満たすというシャンパンベースカクテルとは思えないほどアルコール度数が高いお酒です。ヘミングウェイレシピでこのカクテルを作ると、アルコール度数は30度!!さすがラムをダブルにするのが当たり前の酒豪ぶり。